矯正情報

2014年2月24日 月曜日

小児矯正なら歯を抜かずに歯列を矯正できます

小さい頃から矯正を始めれば、顎の骨の成長発育をバランスよく整えることができるので、歯を抜かなくても歯列を矯正することが可能です。
ワイヤーだけでなく、顎の骨を広げる拡大装置をはめることで、歯が正しい位置に生えるためのスペースを作ることができるのです。

ワイヤーを使った治療は痛そうなので、小さい頃から矯正を始めるのはかわいそう、と思う保護者の方もいると思います。
当院では様々な太さのワイヤーを8種類用意し、お子さま一人ひとりにあったワイヤーを使いわけているので、痛みの少ない矯正が可能です。

悪い歯並びだと、虫歯や歯周病になりやすい、コンプレックスをもってしまうなどのデメリットがあります。
小児期から矯正を始めれば短期間の治療ですみますので、お子さまの笑顔のためにも、当院にご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら