矯正情報

2014年6月26日 木曜日

小児期の矯正と永久歯の生え変わりについて

小児矯正をお考えの保護者の方が最も多いのが、小学3、4年生ごろです。
学校の歯科検診で指摘されて検討し始める時期でもあります。

生え変わりの時期は人それぞれですので、永久歯が生え変わっている途中なのか、すべての歯が永久歯に生え変わっているのかどうかによっても治療の方針は変わってきます。

すべて生え変わる前でしたら、永久歯が綺麗に生えてくるよう、連続抜去法が有効です。
この方法はブリーチを付ける期間が短くなるというメリットがあります。
また、GMDという装置を使った非抜歯矯正もおすすめしています。

すべての歯が永久歯に生え変わった後もGMDやキャリエールディスタライザーなどの装置を使った治療は可能です。
広島の方にも好評の当院の治療をぜひご検討ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら