矯正情報

2016年3月 8日 火曜日

広島県広島市にある当院で子供の歯の矯正治療を適切なタイミングで

6歳頃から12歳頃までの期間で行う子供の歯の矯正治療は1期治療です。
乳歯と永久歯が生えている時期に行うもので、
比較的簡単な歯の矯正装置を使用します。
本格的な歯の矯正治療は2期治療からです。
永久歯が生え揃ってから行う治療で、
永久歯の歯並びやかみ合わせを作り上げていきます。
1期治療での治療期間は1~2年間です。
通院は1~2ヶ月に一度となります。
2期治療では一ヶ月に一度の通院が必要になり、
全体的なワイヤー矯正装置を用いての治療を行っていきます。

1期治療には様々なメリットがあります。
まず顎のバランスを整えることができます。
そして、2期治療で歯を抜く可能性を低くし、
負担を少なくできるメリットもあります。
発音をする上においても良い影響を与えるもので、
できるだけ子供の歯の矯正治療は早めにスタートさせた方が良い理由になります。
適切な治療をスタートさせるタイミングに関しては、
歯並びやかみ合わせの状態によって大きく変わってきます。
だからこそ、お子様の歯並びが悪いと思った時には、
まずは一度診てもらうようにしないといけません。
気になることがあるのなら、
まずは一度広島県広島市にある当院にご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら