矯正情報

2016年6月17日 金曜日

子供の不正咬合は早めの治療。広島県広島市の当院で安心のアドバイス

歯並びは、成長過程の子供のころはどうしてもずれてしまうことがあります。
特に、歯並びが悪くなった原因を特定しなければ、不正咬合は改善されません。
初期の段階で見つかれば、治療も比較的お子さんにも負担が少なく完了します。

しかし、症状が悪化してから見つかると、治療に時間がかかる、
治療に対する経済的な費用も負担が大きくなってしまう、などがございます。

当院では広島県広島市でも、お子様の不正咬合に対する治療実績が多数あります。
そのため、定期的な検診でお子様の不正咬合を早めに発見することが可能です。

具体的な不正咬合の治療としては、前歯の凹凸に関する矯正治療のほか、
あごを広げる治療などを行うなどをしています。

定期健診によって、歯並びの異常を早期発見することができますので、
もしお子様の歯並びのことで少しでも不安がある方はできる限り早めに
広島県広島市で実績がある当院にご相談をされることをおすすめいたします。

現代は食生活なども比較的やわらかいものが多くなり、
なかなかあごを使うことが少なくなり、お子様の歯並びもずれやすくなっています。

また、歯並びが悪くなると、不正咬合のほか、虫歯の原因にもつながります。
大切なお子様のお口の健康を守るためにも、
ぜひ早めに検診で治療をされることをおすすめいたします。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら