矯正情報

2016年10月 6日 木曜日

子供の将来の歯並びが心配な方は広島県広島市にある当院へ

子供の歯並びが悪くなるのには、いくつかの原因が考えられます。
生活習慣、食生活、日頃の癖など、
何かしらの影響により、歯並びが悪くなっていきます。

悪い歯並びには種類があり、前歯のデコボコ、出っ歯、
受け口、横ずれ、開咬など様々です。

いずれの症状につきましても、将来のために適切な矯正を行った上、
綺麗に整えてあげる必要があります。

乳歯の段階である子供の歯並びを悪いまま放置しておくと、
永久歯に生え変わった時も、その状態が引き継がれてしまいます。

乳歯と永久歯では、歯並びを整えるのに要する時間が異なるため、
できれば子供のうちから整えておく事に越した事はありません。

悪い歯並びを放置していると、あごの成長に影響を与えかねないため、
親御様が早い段階で決断し、子供のために矯正をさせてあげると良いでしょう。

時期としては、乳歯が永久歯へと生え変わるくらいの段階が良く、
生え変わってからでは時間がかかってしまいます。

また、永久歯になってからでは、
十分なスペースを確保するため、抜歯が必要となる場合もあります。

広島県広島市にある当院では、子供の歯並びに関するご相談を承ります。
お子様の歯並びに心配がある親御様は一度、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら