矯正情報

2017年3月30日 木曜日

乳歯期の歯列矯正に関するご相談は広島県広島市にある当院へ

歯列矯正は、治療を受ける年齢によって、完治するまでの期間が異なります。

また、早めにすればするほど、体への悪影響が少なく済みますので、
健康的な事を考慮するのであれば、幼い頃から矯正しておくのが良いです。

一つの目安としては乳歯期で、大体幼稚園の年長から小学二年生までが、
矯正を受けるのに適切な時期と言えます。

この時期は、それほど噛み合わせに問題がみられる訳でなく、
多少前歯の並びが悪い程度であれば、すぐに完治させられるタイミングです。

特に乳歯期に治療した方がよいと考えられるケースとしては、
下の歯が上の歯より前方に出てしまっている受け口でしょう。

年齢を重ねていくに従って下顎が長くなってきやすく、
上顎が短くなり、顔の輪郭に影響を及ぼす可能性があるのです。

元々、輪郭的に下顎が出ているように見えていても、
噛み合わせを治療する事で、受け口が解消される事もあります。

このように、矯正は見た目だけではなく体の成長を支え、
より正常な成長へと導くためにも、非常に大切な治療なのです。

お子様自身で判断して矯正を受ける事はまず出来ませんので、
いかに親御様が判断して、医院へ連れて行くかが大切になります。

広島県の広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承っております。
乳歯期のお子様の矯正をご検討の方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら