矯正情報

2017年4月13日 木曜日

お子様の歯並びで不安がある方は広島県広島市にある当院へ

お子様の歯をよく観察すると、歯並びが整っていないと感じる事があります。そのまま放置すると、大人になってから大掛かりな矯正が必要になったり、顎の成長に悪影響を及ぼしたりする可能性があるため注意が必要です。

一口に歯並びが悪いといっても、「乱ぐい歯」「出っ歯」「受け口」「すきっ歯」「開咬」など、乱れた歯並びの種類は実にさまざまで、これらの種類によっても弊害は異なります。例えば下の歯が前方に突き出す受け口は、見栄えは悪いですし、前歯で食べ物をかみきれず発音にも支障をきたします。

歯並びの状態によって、治療方針や費用は変わってきますが、まずはお子様の歯並びを治す必要があるかどうか、調べてみるのが良いです。

受け口の場合、治療法は矯正装置を使い顎の骨の成長を抑制します。さらに寝ている時だけ矯正器具をつけて、上顎の成長を促していきます。成長のバランスを調整する事で、受け口の噛み合わせを治せるのです。
また、「開咬」のようなケースは、早めに治療を行わなければ癖が治らない可能性があるため、なるべく早期にご相談されるのが良いでしょう。

広島県の広島市にある当院では、歯並びに関するご相談を承ります。
お子様の歯を見て、歯並びがあまりよろしくないと感じた場合には一度、当院にお越し頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら