矯正情報

2017年5月 2日 火曜日

子供の矯正は早いほど安心!ご希望の方は広島県広島市にある当院へ

お子様の歯を見て、「多少歯並びが悪いかも」と思う程度なら、それほど重要視されない方が多いかもしれません。しかし実際には、小さな頃から矯正を始めて、将来に向けて良い歯並びへと整えておく事が望ましいです。



具体的な目安としては、乳歯期から始められると良いでしょう。乳歯期は、だいたい幼稚園の年長から小学校2年生くらいで、この時期に一度、歯並びを専門医に診てもらうべきです。多少前歯の歯並びが悪い程度であれば、この時期に治療しておけばすぐに治ります。



特に治療を受けておいたほうがよいのが、下の歯が上の歯より前方に出てしまう「受け口」というものです。この時期は体の成長が著しいため、受け口を放置すると下顎が長く成長するのに対して、上顎が短くなりやすいのです。また、下顎が出て見える状態でも、実際には噛み合わせを治せば解決する受け口も存在します。



このように、小さな時期から歯列矯正を行っていくことは重要で、見た目だけではなく、体の成長に関わってくる問題です。大したことではなさそうに思える場合でも、念のために相談してみるほうが安心です。



広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承ります。もし、お子様の歯並びについて少しでも不安に思う点があるのなら、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら