矯正情報

2017年7月12日 水曜日

さまざまな種類がある悪い歯並びの矯正は広島県広島市の当院へ

歯並びが悪いと言っても、具合的にどう悪いのかは人によってさまざまです。それぞれの症状にあわせて適切な治療を行うことこそ、当院のつとめだと考えています。

悪い歯並びの中でも「開咬」は指しゃぶり癖や、舌で歯を押す癖によって起こる症状です。これは前歯がしっかりと噛み合わず、下の歯との間にすきまができた状態で、言葉の発音がやや曖昧になってしまうのが特徴です。

この症状に対してはプラケットなどの治療機器をもちいた治療を実施します。できるかぎり早期に治療することで、舌で押す癖も改善する効率的な治療が可能となります。

矯正後に歯がもともとの位置に戻ろうとする症状を、「後戻り」と呼びます。この症状に対しては、後戻りをふせぐリテーナーを用いて治療します。当院では独自のリテーナーを使用しており、口への違和感を少なくおさえつつ、後戻りをしっかりと防止できます。

後戻りのしやすさには個人差があるため、矯正やリテーナーの使用に際しては細心の注意を払います。歯並びの悪さにはさまざまな症状があり、それにあった治療を行わなければ効果はありません。広島県広島市の当院では、症状や体質にあわせた最適な矯正治療を提供しています。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら