矯正情報

2015年3月31日 火曜日

広島県広島市にある当院で子供の歯並びの治療をしよう

子供の歯並びの治療が必要なケースは、
下の歯が上の歯より前に出てしまっている受け口です。
ほかには、出っ歯、八重歯、すきっ歯などです。
出っ歯の場合は、下顎の状態によって、
治療期間や治療法が変わってきます。
早めに治療をすることで、
上顎の成長を抑制することができます。

八重歯の場合は抜歯矯正をしないといけないリスクを軽減できます。
すきっ歯の場合は、矯正治療以外にも、
外科的治療が必要なこともあり、
親御様はお子様がすきっ歯だと思った時には、
すぐに治療されるのが望ましいです。

子供の頃から歯並びの矯正治療をおこなうことにより、
大人になった時に永久歯を抜くリスクを少なくすることができます。
すぐに治療が必要な歯並びもあれば、
実は治療する必要がないことも少なくないです。
広島県広島市にある当院では目立たない矯正装置での治療が可能であり、
お子様のストレスにならないような治療を心がけています。
また、ワイヤーは特殊な加工がされているものを使用するため、
治療期間中にさほどの痛みはありません。
お子様の歯並びが気になる方は、
まずは当院にお越しになり、
治療が必要かどうかを調べてみてください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2015年3月28日 土曜日

子供の歯の矯正治療は広島県広島市にある当院にお任せください

成長期のお子様の歯は、乳歯から永久歯への歯の生えかわりをするだけでなく、
歯並びの土台となる顔面骨格の成長発育を伴っており、
噛み合わせの問題や口元の癖などを放置してしまうと、
成長発育に悪影響となります。
そのため、お子様の歯の矯正治療が必要だと思った時には、
すぐに治療をするようにした方が良いでしょう。
成長発育段階に合わせての治療となるため、
適切なタイミングであるかどうかをチェックします。

初診をおこなうタイミングの目安となるのは、
上顎の前歯が3本程永久歯になった頃なので、
一般的には小学1年生頃になります。
また、5歳頃でも歯の矯正治療をおこなった方が良いケースもあるため、
気になる場合はすぐに受診した方が良いです。
子供の内に歯の矯正治療をおこなっておけば、
大人になってから歯の矯正治療をおこなうリスクが少なくなります。
子供と大人では料金が大幅に異なるので、
できるだけ子供の内におこなっておいた方が良いでしょう。

口元の癖が中々治らないお子様は、
歯の矯正治療が必要なサインと言えます。
根本的な歯並びを治すことによって、
口元の癖はなくなっていくので、
お悩みの親御様は広島県広島市にある当院にご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2015年3月26日 木曜日

子供の歯並びの治療をするとメリットがたくさんあるので広島県広島市にある当院へ

お子様の歯並びが悪いと思った時には、
治療をおこなうことを視野に入れた方が良いです。
子供の内に歯並びを治療すると様々なメリットがあり、
まずは永久歯を抜かなくて済む可能性が高まります。
歯並びの治療をおこなうことにより、
永久歯がはえるスペースが足りない時に、
奥歯を後ろに移動させる、
あごの横や前への成長を促すということができるようになります。
ほかには、顎の成長バランスが整うようになります。
正常な発育を妨げる歯並びや癖を改善すれば、
顎の成長のバランスを整えることができます。
また、あごの関節が痛くなり、
外科的な手術をしなければ治らないということが無くなります。

指しゃぶりや下癖あるいは発音や食べ方も好影響となります。
早期に改善することによって、早めに正しい筋肉の動きを所得できます。
永久歯の矯正期間が短くなるというメリットもあります。
正しい位置に生えるように導けば、
永久歯列になってから本格的な矯正が簡単になります。
様々な面で子供の内に歯並びの治療はおこなっておいた方が良く、
多くのお子様が広島県広島市にある当院で治療をおこなっています。
治療をしたいと思う方は、治療をおこなうタイミングが合っているかを調べる意味でも、
一度当院にお越しください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2015年3月20日 金曜日

子供の歯の矯正治療は広島県広島市にある当院にお任せください

子供の歯並びが悪いとなると、
当然治療をおこなうべきと判断される親御様が多いはずです。
しかし、子供の歯の矯正治療が必要でない時も多く、
しっかり治療が必要な時に治療をすべきです。

まず目安となるのが、上下の歯の噛み合わせが悪い時です。
原因となるのが、出っ歯や隙っ歯などがあり、
複合するケースも少なくありません。
こういった歯の状態なら、治療をおこなうようにした方が良いでしょう。
歯の矯正治療をおこなう時期はお子様次第ではありますが、
一般的には乳歯から前歯生えてくる頃の7歳や、
永久歯列の完成頃の12歳以降が適しています。

通院期間は2年以上となっており、
基本料金は30万円以上かかると認識しておけば良いでしょう。
治療をおこなう際には、ワイヤー矯正を採用することが多いです。
このワイヤー矯正はワイヤーを通して少しずつ歯を動かすというものであり、
治療期間がほかの治療法よりも短く、
費用も抑えられるというメリットがあります。
しかし、治療中はどうしても見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。
金属のかわりにセラミックやプラスチックのものを使用すれば、
見た目の問題はクリアできます。
お子様の歯並びが悪く、治療が必要と思う方は、
一度広島県広島市にある当院にお越しください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2015年3月11日 水曜日

子供の歯並びの治療は広島県広島市にある当院にお任せください

子供の歯並びが悪いと思った時には、まずは専門家に診てもらうようにしてください。
歯並びが悪いまま放置してしまうと、言葉を話しにくくなる、顔が曲がって成長してしまう恐れがある、
歯が磨きにくくて虫歯になりやすいなどのデメリットがあります。
こういったデメリットを解消するためには、子供の歯並びの治療をおこなうしかありません。
基本的には、7~8歳頃から治療を開始するのが正しいですが、
あくまでの歯の状態によります。
もっと早く治療をしないといけないお子様や、治療がまったく必要ないお子様もいます。
これは実際に一度診てみないと判断ができないことです。

子供の内にしっかり歯並びの治療をおこなっておけば、大人になってから歯の歯並び治療が必要になるケースは少ないです。
治療費は、10~20万円ほどとなっており、大人の歯並び治療と比較するとリーズナブルです。
先々のことを見越して治療をおこなうという方も少なくありません。
治療をおこなった方が良いと思った親御様は、お子様にどうして治療が必要なのかをしっかりご説明してあげてください。
治療にお子様が前向きでないとなると、途中で治療をやめてしまいたくなるからです。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら