矯正情報

2016年4月29日 金曜日

子供の歯並びに問題があるのなら広島県広島市にある当院で矯正治療を

子供の歯並びに問題があるケースは、
多くの場合で歯の矯正治療が必要になります。
その為、まずは子供の歯並びに問題があるかどうかをチェックする事が大切です。
3~5歳までの子供の場合は、上下の前歯の歯と歯の間に1~2mm程度の隙間があるか、
上下の歯は合計で20あるか、上の前歯が下の前歯にかぶさるように咬んでいるか、
といった点に注目してください。
6~8歳の子供の場合は上下の前歯の歯と歯の間に0.5~1mm程度の隙間があるか、
上の前歯は下の前歯に2~3mmでかぶさるように咬んでいるか、
上下の前歯はきれいに萌えているかという点が注目点です。
9歳以上の子供の場合は上下の前歯や犬歯はきれいに萌えているか、
テレビなどを見ている時に唇はつむれているか、
上の前歯は下の前歯に2~3mmでかぶさるように噛んでいるかといった点です。

ご自宅でお子様の歯のこれらの事をチェックし、
問題があると判断できるのなら、
広島県広島市にある当院にお越しください。
本当に歯の矯正治療を受ける必要があるかどうかをチェックし、
必要であるのならすぐに治療を開始する事ができます。
親御様がしっかりお子様の歯並びの状態をチェックする事が、
適切なタイミングでの治療に繋がってきます。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年4月26日 火曜日

広島県広島市にある当院に子供の歯の矯正治療についてのご相談を

子供の内に歯の矯正治療を受ける事で、
顎の正しい成長にプラスになる、費用を抑える事ができる、
大人になってから気にする事がなくなるといったメリットがあります。
その一方で、デメリットがあるのも事実です。
親御様はデメリットについてもしっかり把握する事が大切です。
そのデメリットとは、歯の矯正治療中に一時的に歯並びが悪くなる事がある点や、
治療期間が長くなる事が多い点です。
子供の歯の矯正治療ならではのデメリットになります。
さらに、お子様が治療に協力的でないと、良い結果が出にくくなってしまいます。
その為、お子様にしっかり歯の矯正治療を受ける事の大切さを説明しないといけません。
また、複雑な形をした歯の矯正装置を付ける為、
磨き残しが多くなって虫歯になりやすくなる事や、
歯根吸収が起こった時には歯の矯正治療を中止し、
歯の連結や固定が必要になるのもデメリットになります。

子供の内に歯の矯正治療を受ける事は、
様々な点で大人になってから歯の矯正治療を受けるよりも良いものの、
このようにデメリットもあるのが事実です。
メリットもデメリットもある事を理解し、
その上でお子様の歯の矯正治療を受ける事を意識してください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年4月25日 月曜日

広島県広島市にある当院で早めの子供の歯並びの治療を

広島県広島市にある当院では、
数多くの子供の歯並びの治療を行ってきました。
基本的には子供の歯並びの治療は早めに行う事を意識した方が良いです。
大人になってからでも歯並びの治療はできるものの、
成長期の方が理想的に治療を進められる可能性が高いです。

子供の歯並びの治療の開始時期は人それぞれ異なります。
噛み合わせや歯並びによって必要な治療も異なってきます。
口の中や顎の状態によって、最適なタイミングは異なる事を覚えておいてください。
手術が必要になるケースでも早期に成長をコントロールする事で、
手術しなくても済むケースもあります。
そして、抜歯をせずに治療を進められる可能性も高まります。
大人になってからの治療と比べると、
治療費を抑える事ができるとともに、治療期間を短縮できる可能性もあります。

お子様の歯並びが悪いと親御様が思った時には、
既に最適な治療の開始時期にさしかかっているかもしれません。
こればかりは一度診察してみないと正確な判断ができない為、
当院に一度足を運んでください。
すぐにでも治療をすべきか、まだ治療は必要ないかを判断できます。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年4月20日 水曜日

広島県広島市にある当院で子供の歯の矯正治療を

お子様の歯並びについてのお悩みがあるのなら、
広島県広島市にある当院にお越しください。
子供の歯の矯正治療は必ずしもしないといけないものではありません。
少子化の影響で子供が数少なくなり、
子供の為にお金と時間をかける親御様が多くなったことも、
歯の矯正治療を子供の内にと考える要因になっている部分があります。
そして、柔らかいものばかりを食べる子供が多くなり、
顎が発達せずに顎が小さくなってきている現実的な問題もある影響もあります。

本当に歯の矯正治療が必要でないのなら、
そのまま様子を見るという選択肢ももちろんあります。
ただ、歯の矯正治療を受けるのが正しい対応であるのなら、
子供の内に歯の矯正治療を受けるのが良いと言えます。
この判断に関しては医師しかできないのが事実です。
一般的な目安はあるものの、それはあくまでも目安であり、
本当に歯の矯正治療が必要かどうかは、診察しないと分からない部分があります。
その為、お子様の歯並びに関してのお悩みがあるのなら、
まずは診察を受け、その上で歯の矯正治療が必要なら、
そのまま治療を受けるのが良いでしょう。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年4月10日 日曜日

広島県広島市にある当院で子供の歯並びの治療をしよう

大人になってから歯並びの治療をしたいと思う方は非常に多く、
実際に治療をされている方は多数います。
しかし、これは子供の内に治療をしておけば、
大人になってから治療をせずに済んだケースもあるのが事実です。
その為、子供の歯並びが悪くないかどうかは、
まずは親御様が気付いてあげられるかどうかがポイントになってきます。
子供の内にはあまり歯並びのことは気にしないものの、
大人になってから気にする方は多数います。

子供の内の方が治療費が安く済む上に、
顎の正しい成長にも繋がるメリットがあります。
そして歯並びの治療は一度しっかり治療しておけば、
その後治療が必要なくなることがほとんどです。
様々な点を考えても、子供の内に行っておいた方が良いと言えます。
一つの目安になるのが、永久歯が生え揃うまでに治療を開始することです。
ただ、これはあくまでも一つの目安です。
実際に診察をしてみないと、
本当に治療が必要かどうかは判断できないのが事実です。
その為、お子様の歯並びが悪いと思った時には、
まず広島県広島市にある当院にお越しください。
もちろん、治療が必要であるのなら、
すぐに治療を開始します。
そして後に治療が必要になる可能性についてもご説明いたします。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら