矯正情報

2016年7月29日 金曜日

子供の歯並びがおかしいと思ったら広島県広島市にある当院へ

永久歯の前歯に隙間がある、乳歯の後ろに下の前歯が生えてきた、
乳歯の噛み合わせが逆、前歯が出っ歯、永久歯の前歯が一本のみ逆など、
子供の歯並びを見てこれらの問題があるのなら、
歯の矯正治療を受ける必要があると考えるべきです。
場合によってはこれらのように分かりやすい異常がなくても、
歯の矯正治療を受ける必要がある事もあります。
子供の歯並びは親御様がしっかり見てあげるようにしないといけません。

永久歯が生え揃う前に歯の矯正治療を受けるのが望ましく、
その為には親御様が子供の歯並びに問題があると察知する事が大切になります。
そして何かしらの問題があるのなら、まずは診察を受ける事が重要です。
すぐに歯の矯正治療を受けるべきという判断になる事もあれば、
様子見をするという判断になる事もあります。
いずれにしても、先々に歯の矯正治療を受ける必要があるかどうかを知る事ができます。
子供が将来的に歯並びが悪い事がコンプレックスになるのは、
当然親御様は望んではいない事のはずです。
親御様が適切な対応をする事が大きなポイントになるものの、
その内治ると思って放置させる方もいるのが事実です。
永久歯が生え揃ってしまうと、大人と同じ治療になる為、
治療費が高額になってしまい、早めの対応が肝心となります。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年7月22日 金曜日

子供の歯の矯正治療は早めに広島県広島市にある当院へ

お子様の顎が左右どちらかにずれている事や受け口や出っ歯である事はもちろん、
噛んだ時に前歯が全く噛まない開咬や歯の生えてきた位置が悪いなどの場合は、
歯の矯正治療が必要であると認識した方が良いでしょう。

子供の歯の矯正治療は永久歯が生え揃う前に行うのがもので、
親御様がお子様のこれらの特徴に気付けるかどうかが大きなポイントになります。
適切なタイミングを逃してしまうと、
永久歯が生え揃ってから治療をしないといけなくなってしまいます。

乳歯ではなく永久歯になってから矯正を行う事となると、
余計に矯正期間が長引いてしまう原因になってしますのです。
そのため、子供の歯の矯正治療は早めの対応が肝心となります。

大人になってからでも良いのではないかと思われる親御様もいるものの、
子供の内の方が治療費は安く、時間的な都合もつけやすいはずです。

そして正しい顎の成長にもプラスになる為、
顔のバランスを整えるという意味においても大きいのは間違いありません。

大人になってから歯の矯正治療を受けたいと思っても、
見た目が気になる、仕事の都合上矯正を受けられない、時間がないなど、
様々な理由で断念される方は多数いるのが事実です。

お子様の将来の事を考えるのなら、
思春期に入る前に歯の矯正治療を受けておくべきです。

何か気になる事があるのなら、
まずは広島県広島市にある当院にお越しください。
歯の矯正治療を受ける必要があるかどうかを確認し、
必要であるのならすぐに治療を開始する事ができます。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年7月19日 火曜日

子供の歯並びに対しての適切な対応とは?広島県広島市にある当院へ

受け口や出っ歯など悪い歯並びの代表パターンがあります。
子供の歯並びがその代表パターンであるのなら、
歯並びの治療が必要になるケースは非常に多いです。
子供の歯並びに対しての適切な対応となるのは、
いかに早く歯並びの治療が必要であるかどうかを把握するかです。
その為には親御様が子供の歯並びに問題がないかをチェックする必要があります。

子供の歯並びの治療には適切なタイミングがあります。
その適切なタイミングを逃さないようにする為には、
不安要素があるのなら、まずは診察を受ける事です。
仮にまだ歯並びの治療が必要でないにしても、
今後歯並びの治療が必要であるかどうかを知る事ができます。
見た目の問題はもちろん、顎の正しい発育を整える意味もあります。
子供の内はあまり歯並びが悪い事を気にしないものの、
思春期を迎えると気にされる子供は非常に多いです。
決して安価にできる治療ではないからこそ、
決断されるまでには時間がかかるものです。
しかし、子供の将来の事を考えるのなら、早めの対応を心がけるべきです。
何か気になる事があるのなら、
広島県広島市にある当院にご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年7月12日 火曜日

子供の歯並びで異常があるのなら広島県広島市にある当院へ

親御様が子供の歯並びの異常に気付き、そして治療を受けるようにするのが一番です。
しかし、親御様がどういった歯並びであるのなら、
異常であるのかを知らないと適切な対応は当然できません。
歯が重なって生えてデコボコになっている歯並びの叢生、
前歯がしっかり噛み合わない状態の開咬む、
下の顎が上の顎よりも前にでている受け口などは、
すぐに歯並びの治療が必要になる事が多いです。
出っ歯やすきっ歯の場合はこれらと比べると、
歯並びの治療の必要性は高くありません。
ただ、将来的に歯並びの治療が必要になる可能性はもちろんあります。

親御様が子供の歯並びを見た時に、
これらに該当する歯並びであったのなら、
まずは広島県広島市にある当院にお越しください。
本当に歯並びの治療が必要かどうかをすぐに診察して調べる事ができます。
そして将来的な歯並びの治療の必要性についてもご説明致します。
歯並びの状態は一度診察してみないと判断ができないもので、
だからこそ気になる事があるのなら、まずは診察を受ける事が大切になります。
早めの対応が子供の歯並びを治療する上での大きなポイントになる為、
放置は厳禁と覚えておいてください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら