矯正情報

2016年9月29日 木曜日

お子様の歯並びが心配な親御様は広島県広島市にある当院へ

お子様の歯を磨いてあげる親御様はいらっしゃると思います。
その時、歯並びに少し異変を感じた事はないでしょうか。

子供の歯並びは、普段の生活習慣や食生活、
はたまた指しゃぶりや爪噛みなどの悪い癖が原因となり、
悪くなっていく場合があります。

乳歯の段階で歯並びが悪く、そのまま永久歯に生え変わると、
さらに悪化してしまっている可能性もあるのです。

将来的な歯並びの事を考慮すると、
乳歯の段階から矯正を行っておくのが望ましいと言えるでしょう。

適切な時期としては、乳歯から永久歯に生え変わる時期です。

あまりに矯正の時期が遅れてしまうと、
矯正の時に十分な歯のスペースを確保できなくなりかねません。

すると、スペースを確保するために抜歯を行う場合もあるため、
お子様の矯正は後回しにせず、早めに行ってあげる事をおすすめします。

特に子供の時期は、顎の成長も著しいために、歯並びが悪いと、
成長を阻害してしまう可能性があります。

親御様がしっかりチェックし、必要な場合に専門医に相談されるのが良いでしょう。

広島県広島市にある当院では、矯正に関するご相談を承っております。
お子様の歯並びが心配、はやく矯正して綺麗に整えてあげたい、という方は、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年9月26日 月曜日

早く治してあげましょう!子供の矯正は広島県広島市にある当院へ!

歯列矯正は、乱れてしまっている歯並びを、
特殊な矯正器具を使い、綺麗に整える治療を行います。

子供の頃から、歯並びが悪くなってしまっている事は珍しくありません。
そのまま放置され、永久歯へと生え変わってしまうと、
より矯正に費やす時間が長くなってしまいます。

子供の時期の方が、顎や歯が成長段階であるため、
矯正をスムーズに行いやすく、成人より早く治療を終了させられます。

また、子供の頃に矯正を行っておく方が、歯を失う心配が減ります。

というのも、永久歯に生え変わってからの場合、
歯並びを調整する十分なスペースを確保できない場合があるのです。

そうすると矯正を行うために抜歯を行わなければならなくなる事があるため、
出来れば乳歯から永久歯へと生え変わる時期が矯正時期として適切と言えるでしょう。

歯並びが悪いままだと、顎の成長にも影響を与えてしまう事があり、
輪郭に支障をきたす場合があるため、なるべく矯正は行っておく事に越した事はありません。

今では周囲から器具が見えないように治療を行う方法もありますので、
お子様の口元の印象が心配な方も、安心して矯正を行えます。

広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承っております。
早く整えてあげたい方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年9月21日 水曜日

治療してあげましょう!子供の歯並びは広島県広島市にある当院へ

子供の歯並びが悪いのは遺伝と考えられる事がありますが、
そのような原因である事はほとんどありません。

主に「口呼吸」「口唇閉鎖不全」「異常嚥下癖」「姿勢の悪さ」のほか、
「よく噛まない」「前歯を使わない」「清涼飲料水の飲みすぎ」などの原因もあります。

乳歯の段階から歯並びが悪く、そのまま永久歯へと生え変わってしまうと、
不揃いな並びが引き継がれたり、さらに悪化したりする場合があります。

また、歯並びの悪さは虫歯や歯周病になる可能性を高めるほか、
顎の発達に悪影響を与えてしまう心配があります。

子供の矯正治療は、6歳~10歳の永久歯に生え変わる時期が適切です。

その理由としては、永久歯に全て生え変わってからの場合、
歯を整えるための十分なスペースが足りない可能性があります。

すると、場所を作るために抜歯をしなければならない事があるため、
乳歯から生え変わる段階に、矯正は行ってあげるようにしましょう。

器具がついていたら目立って可哀想と考えられる事があると思います。
今はご希望であれば目立たない矯正方法もありますので、
ある程度柔軟に治療していく事が可能です。

広島県広島市にある当院では、子供の歯並びに関するご相談を承ります。
お子様の歯並びが不安な親御さんはぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年9月 8日 木曜日

どうにかしてあげたい!子供の矯正の事なら広島県広島市にある当院へ

歯列矯正は子供のころから行っておくのが大切です。

子供の歯並びが悪いと、虫歯や歯周病などの疾患の原因になるほか、
顎の発育に悪影響を与えてしまう心配があります。

顎が発育不全になると、滑舌に影響が出てしまったり、
顔の形にまで関わってしまったりする事があるため、
子供の矯正はとても重要度の高い事なのです。

子供の悪い歯並びとしてよくある例は、
受け口、開咬、出っ歯などがあげられますが、
いずれも顎の成長に影響を与えるため、矯正しておきたいです。

子供の歯列矯正は永久歯に生え変わる時期が適切で、
年齢としては6歳~10歳あたりに始めるのがよろしいでしょう。

永久歯に生え変わってから矯正を行ってしまうと、
歯を整えるためのスペースがなく、抜歯を行う可能性が出てきます。

乳歯であれば、矯正器具でスペースを確保しやすいため、
できるだけ子供のうちに矯正は行っておく方が望ましいです。

子供の矯正は基本的に健康保険が適用外なため、
自由診療で行う必要があります。
しかし、顎変形症の場合には、一部の医療期間にて、
保険が適応された上、矯正が可能です

広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承ります。
歯並びを早いうちに何とかしてあげたいという方はぜひ、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら