矯正情報

2016年11月30日 水曜日

子供の矯正で口元を美しく!ご相談は広島県広島市にある当院へ!

現代の子供達は昔より咀嚼力が弱かったり、
顎が平均より細かったりするなどの特徴がみられます。

食生活においてしっかりと噛まない癖が続いてしまうと、
顎が発達しづらくなり、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼすのです。

例えば、グラタンや麺類など、噛む力をほとんど必要としない食べ物は、
噛む回数が減り、顎が鍛えられない結果を招いてしまいます。

歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯などの疾患を起こしやすくなるほか、
発音が悪くなったり、肩こりを起こしやすくなったりするなど、
様々な弊害があります。

幼少期であればあまり気にされないお子様も多いですが、
思春期に近づいてくると、見た目を気にされる事も増えていきます。

見た目だけではなく、口腔内や体の健康、成長を考慮した上で、
保護者の方が必要であれば矯正を受けさせるのが大切となるのです。

全ての歯が永久歯に生え変わってからでは、矯正に時間がかかります。
乳歯が生えそろう時期だからこそ、
比較的短い期間で矯正を完了させられるというメリットもあります。

広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承ります。
いつ始めたら良いのか、どれくらいの費用がかかるのかなど、
矯正に関する疑問も多いと思います。

ご検討中の方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年11月25日 金曜日

悩みの歯並びを解決したい方は広島県広島市にある当院へ!

人によって歯並びの整い方に違いがあります。

家族で同じ育ち方をしてきた人同士であっても、
歯並びの美しさに違いが現れる事も少なくありません。

歯並びが変わる原因は幼少期の生活習慣が関わっていると言われています。

例えば、小さな頃に口呼吸や飲み込み癖、姿勢の悪さ、
口を閉じずに開けている等の癖があった場合、
歯並びや噛み合わせに影響を及ぼす事ができます。

また、食生活においても清涼飲料水を多く摂取したり、
よく噛まない、前歯を使わなかったりする習慣があった場合、
それもまた、歯並びを悪くする事があります。

歯並びが悪いと口元の印象が悪くなってしまうほか、
虫歯や歯周病、顎関節症を起こしやすい心配があります。

一度ばらつきの見られる歯並びになってしまった場合、
それは放置していても自然に治るものではありません。

歯列矯正を受け、正常な並びに整えていくのが必要です。

歯列矯正を始める時期が遅いと、歯を動かすための場所が足りず、
最悪の場合、抜歯をしてスペースを確保しなければならない事があります。

そのような事にならないためにも、矯正は早めに行うのがおすすめです。

広島県広島市にある当院では、歯並びに関するご相談を承ります。
ご自身の歯並びにコンプレックスを感じている方は一度、
当院にご相談して頂ければ、適切な治療法をご提案いたします。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年11月18日 金曜日

子供の矯正は大切!広島県広島市にある当院にご相談下さい

矯正は子供の頃から行っておくことが、
永久歯を抜かずに済む可能性が高まります。

永久歯に生え変わってから矯正を行うと、
歯を動かすために必要なスペースを確保するため、
最悪抜歯をしなければならない場合があるのです。

また、子供の矯正は、顎の成長にも大きく関係しているため、
悪い歯並びのまま放置されるのは望ましくありません。

子供の矯正は大きく分けると2段階に分かれており、
1期治療の骨格矯正と2期治療の歯列矯正があります。

治療時期の目安として、骨格矯正は3歳から12歳の間に、
歯列矯正は10歳から成人の間には行っておきたいものです。

もし、1期治療である骨格矯正にて、永久歯の誘導が適切に行える場合、
2期治療を行わなくて済む場合があります。

永久歯に生え変わってからの治療は、乳歯の時に矯正を行うより、
時間がかかってしまいやすいです。

小さな子供の時期に矯正を行っておけば、
見た目を気にし始める思春期の頃には、
歯並びは綺麗に整えられている可能性が高いです。

お子様の歯並びを綺麗にするかどうかは保護者の判断が関わってくるので、
ご心配な方は一度、診察してもらうのが良いでしょう。

広島県広島市にある当院では子供の矯正のご対応を行っています。
綺麗にお子様の歯並びを整えてあげたいという方は一度、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年11月14日 月曜日

歯並びのコンプレックスは広島県広島市にある当院にご相談を!

ご自身の歯並びがあまり綺麗に整っていないと、
それはコンプレックスとなりやすい問題です。

綺麗に整っているのとそうではない歯並びを見比べてみると、
やはり清潔感や美しさなど、それぞれに大きな差が生まれます。

歯並びが悪いと見た目が悪いというのはもちろんですが、
歯に歯垢を残しやすくなり、虫歯になりやすくなります。

さらに、歯がスペースの範囲内に収まっていないと飛び出てきてしまい、
それが原因で歯茎が下がってしまうこともあります。

年齢を重ねていくと徐々に歯茎の下がり方は著しくなっていき、
最終的に歯が抜ける心配も少なからずあるのです。

他にも様々な問題が、歯並びの悪さによって生まれていきます。

子供の頃から歯並びが悪いから仕方がないと考える方もいるでしょうが、
やはり少しでも早く、今からでも治療を始めるのは、
歯の健康を守るためにも重要です。

今ではあまり目立たない矯正方法もありますので、
人目を気にしてしまい歯列矯正が出来ない方でも安心な方法がみられます。

どうしても治療の期間は長くなってしまいますが、
後回しにするより早めに始めた方が、
当然ですが綺麗な歯並びを手に入れるのも早くなります。

広島県広島市にある当院では、歯並びに関するご相談を承っております。
もし、お悩みを抱えている場合には一度、当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2016年11月 9日 水曜日

子供の矯正は乳歯の段階で!ご相談は広島県広島市にある当院へ

歯並びが人によって異なるのは、
子供の頃の習慣、癖、食生活などが関係していると言われています。

子供の歯並びが悪い時、その状態のまま永久歯に生え変わると、
将来的に矯正を行う時、大変な思いをしてしまう場合があります。

一般的に子供の矯正を行うには、乳歯の段階が望ましいとされ、
早めに歯並びを整えてしまう方は少なくありません。

永久歯に生え変わると、歯を動かすために必要なスペースがなくなり、
最悪の場合には抜歯をしなければならない場合もあります。

また、悪い歯並びは顎の成長を阻害するほか、
輪郭に悪影響を与えかねないため、矯正をしておく必要があるのです。

虫歯や歯周病を防ぐ意味にも必要です。

子供の頃からワイヤーやブラケットをつけて矯正をするのは、
見た目的にかわいそうと思われるかもしれません。

しかし、小学生高学年から始めても、
中学生の時には矯正が終わる可能性が高いです。

できれば3歳~12歳くらいの間に済ませておいた方が、
お子様の気持ち的にも良いのではないでしょうか。

中学生後半、高校生となるとより一層見た目を気にされる事が増えるため、
早い時期の方が将来のためにも良いかもしれません。

広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承ります。
お子様の歯並びを綺麗に整えてあげたい方は一度、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら