矯正情報

2017年5月31日 水曜日

悪い歯並びは全身に悪影響が!子供の矯正は広島県広島市にある当院へ

お子様の歯を磨いてあげたり、話している時に口元を見たりすると、歯並びがどうなっているのか、簡単にチェック出来ます。その時、歯並びが悪い状態を確認できたならば、これから歯列矯正を受けさせるかどうか、検討する事をお勧めします。

歯並びが悪いと虫歯になりやすくなるほか、見た目も良くありませんし、将来的には歯周病を起こす原因にもなりかねません。また、無関係に思えるかもしれませんが、歯並びの悪さは、全身にまで悪影響を与える要素となるのです。

噛み合わせが悪いと顎の形に変化が加わり、肩や背中の筋肉が必要以上に緊張状態になってしまいます。そのため、肩こりになりやすくなるなど、身体的な影響も考えられます。それらのような健康上において、歯並びは子供のうちから矯正し、綺麗に永久歯が生えてくるよう、準備してあげる事が望ましいのです。

大人になってから歯列矯正を受ける事ももちろん可能ですが、歯を動かす場所を確保できなければ、抜歯のリスクがあります。矯正する際に、できる限り抜歯を行わないに越した事はありませんので、いかに保護者の方がお子様のうちに歯科へ連れて行き、歯並びの治療を受けさせるのかがとても大切と言えます。

広島県広島市にある当院では、お子様の歯並びの矯正を行っています。ご希望の方はぜひご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年5月25日 木曜日

子供の悪い歯並びを治したい方は広島県広島市にある当院にご相談を

歯は誰しも同じように綺麗な歯並びで生えてくるものとは限りません。先天性の原因により、歯並びが悪い事もありますが、後天性の要因で歯並びが悪くなるケースもあります。

たとえば指しゃぶり、ほおづえ、歯ぎしり、爪を噛む、などの習慣は、歯並びを悪くする原因になりかねません。指しゃぶりは出っ歯や受け口になる恐れがありますし、ほおづえは左右のバランスに悪影響を与えてしまいます。

このように、普段の何気ない習慣が歯並びを悪くして、結果的に見栄えを悪くする原因になるのです。歯並びが悪いと、将来的に虫歯や歯周病になる可能性が高くなりますし、子供のうちは顎の成長等にも影響を与えかねません。

大人になってからでも歯列矯正を行う事は可能ですが、永久歯になってからでは、歯を動かす場所を確保するために、抜歯が必要になる場合もあります。

歯列矯正によい時期としては、乳歯から永久歯へと生え変わる頃で、年齢にすると9歳ほどの時が適しています。お子様が自発的に矯正を受けたいと言い出す年齢ではないため、保護者が確認し、必要に応じて矯正を受けさせてあげる事が大切です。

広島県広島市にある当院では、お子様の矯正を行っております。歯並びが悪く治してあげたいという場合は、ぜひ当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年5月18日 木曜日

子供の歯並びは早めに改善を!ご相談は広島県広島市にある当院へ

お子様の歯を観察してみると綺麗に整っていないと思われる事があります。その時、特に治療を受けさせる必要がないと考えるのか、あるいは重要視し矯正を検討する事とでは、今後のお子様の健康的な部分に違いが表れてきます。

歯並びが悪い状態を放置すると、見た目が悪くなる、虫歯や歯周病になりやすい、肩が凝りやすくなるほか、笑顔を作りづらいため、内向的な性格になるかもしれません。

歯並びが悪い状態は、単に「見栄え」が悪いと考えられがちですが、実際にはそれよりも多くの問題点が存在しています。永久歯に生え変わるタイミングで自然に良くなるわけではありませんので、小さな時から矯正を受けて綺麗に整えてあげる必要があります。

一つの目安としては、永久歯に生え変わるくらいの時期に矯正を始める事が望ましいです。というのも、子供は大人と違い体が成長過程にあります。たとえば噛み合わせが悪いと顎の成長に悪影響を与えてしまい、輪郭に影響が出てしまう心配があるのです。

一例としては、下の前歯が上の前歯より前方に突き出す「受け口」、この状態を放置すると、下の顎が著しく成長してしまう心配があります。噛み合わせを治す事は、体の成長にも良い影響を与えます。広島県広島市にある当院では、小児矯正に関するご相談を承りますので、お悩みの方はぜひご連絡下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年5月11日 木曜日

お子様の歯列矯正をお考えの方は、広島県の広島市にある当院へ

"歯並びは、小さな頃から綺麗に整えておく方が望ましいものです。

大人になってからでは歯を動かすのに時間がかかりますし、動かす先に場所がなく、時には抜歯を必要とするケースもあります。子供の時に行う矯正の場合は、抜歯の必要性はほとんどありませんし、顎の成長を正常に導けるなど様々なメリットがあるのです。

お子様に矯正を受けさせる場合のおおまかな流れとしては、まずはカウンセリングを行います。歯並び、噛み合わせについての悩みをカウンセリングで洗いだして、治療の道筋をお伝えし、気を楽にして矯正を行えるように準備を行っていきます。

次に検査を行い、レントゲンやデジカメを使って口内を撮影します。また、歯型の型取りをしたり、顎の長さを測り、さらには全身の写真も撮影して左右のバランスを確認します。カウンセリングと検査は、合わせて3時間程度で行えるものです。検査が終わると、具体的な治療計画を説明していきます。この頃には歯の動かし方、治療の際の注意点なども理解していけます。

そしてようやく治療がスタートとなり、治療の方法や口内の状態によって通院回数は異なるものの、定期的にチェックを行っていきます。

広島県広島市にある当院では、子供の歯列矯正を行っています。ご希望される方はぜひ一度ご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年5月 2日 火曜日

子供の矯正は早いほど安心!ご希望の方は広島県広島市にある当院へ

お子様の歯を見て、「多少歯並びが悪いかも」と思う程度なら、それほど重要視されない方が多いかもしれません。しかし実際には、小さな頃から矯正を始めて、将来に向けて良い歯並びへと整えておく事が望ましいです。



具体的な目安としては、乳歯期から始められると良いでしょう。乳歯期は、だいたい幼稚園の年長から小学校2年生くらいで、この時期に一度、歯並びを専門医に診てもらうべきです。多少前歯の歯並びが悪い程度であれば、この時期に治療しておけばすぐに治ります。



特に治療を受けておいたほうがよいのが、下の歯が上の歯より前方に出てしまう「受け口」というものです。この時期は体の成長が著しいため、受け口を放置すると下顎が長く成長するのに対して、上顎が短くなりやすいのです。また、下顎が出て見える状態でも、実際には噛み合わせを治せば解決する受け口も存在します。



このように、小さな時期から歯列矯正を行っていくことは重要で、見た目だけではなく、体の成長に関わってくる問題です。大したことではなさそうに思える場合でも、念のために相談してみるほうが安心です。



広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承ります。もし、お子様の歯並びについて少しでも不安に思う点があるのなら、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら