矯正情報

2014年3月25日 火曜日

乳歯期からの歯列矯正

子供の歯列矯正と聞くと、乳歯から永久歯へと生え変わるタイミングで行うものだとイメージする方も多いのではないでしょうか。
確かに、この時期は一つの重要なタイミングです。
しかし、お子様の歯の状態によっては、乳歯の段階で矯正治療を行った方が、よりスムーズに治療できる可能性があることをご存知ですか。

噛みあわせに問題がなく、前歯が少しガタガタしているくらいなら、乳歯期の治療で歯並びをきれいにすることが可能です。
また、下の歯が上の歯よりも出ている「受け口」の場合にも、早めに治療を開始するのがおすすめです。

矯正のベストタイミングを逃さないためにも、まずは相談していただければと思います。
当院のカウンセリングは、広島にお住まいの方にも好評をいただいております。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら