矯正情報

2014年5月 8日 木曜日

歯並びが悪い原因を考える

歯並びの悪さは顎の形に原因がある場合があります。
また、遺伝による先天性の歯並びの悪さも考えられます。
他にも癖が原因であることも多いです。
指しゃぶりは出っ歯や受け口の原因になり得ます。
ほおづえは、顎のバランスが崩れる原因の一つです。
爪などを噛む癖があると、噛み合わせが悪くなります。

こういった状態を放置しておくと歯並びが悪くなり、虫歯にもなりやすくなります。
当然歯肉炎や歯周炎にもかかりやすくなります。
それだけではなく、肩凝りまで起こります。
良い事はひとつもないのです。

いずれにせよ歯並びが悪くても治療を行えば良くなりますのでご安心下さい。
広島にお住いの方で小児矯正をお考えの方はご連絡下さい。
きれいな歯並びで素敵な笑顔を手に入れましょう。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら