矯正情報

2015年1月29日 木曜日

子供の歯並びを解消したい方は広島県広島市にある当院まで

乳歯が生え揃っている乳幼児の時期は歯並びに影響が出やすいです。
赤ちゃんの頃に指をくわえるといった癖が見られる事が多いですが、
その癖が4歳や5歳などの幼児の年齢まで続いた場合、
指の力によって歯が動いてしまい、出っ歯などの歯並びになりやすくなります。

また、普段の食生活も歯並びに影響を与える事の一つです。
小さい子供の頃に柔らかい食べ物ばかり食べる様になっているほか、
良く噛まないで飲み物と一緒に飲み込む様に食事を行なっていると、
顎が発達しないまま大きな歯がはえ揃って来てしまいます。
そうすると、歯が並べるような十分なスペースが無いために、
前後にばらつきが見られる歯並びになってしまうのです。

子供の頃には鼻炎や扁桃腺肥大といった病気が見られる事がありますが、
これによって口呼吸を続けていても、口の筋肉のバランスが崩れ、
歯並びに悪影響を与える事となる場合があります。

いずれにしても子供の歯並びに関しては矯正をしても、
成人の矯正に比較してさほど時間がかかる事ではありません。
広島県広島市にある当院に一度ご相談して頂ければ、
気になる子供の歯並びを改善致しますので、
ご検討の際には一度当院にご連絡下さい。



投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら