矯正情報

2016年6月14日 火曜日

子供の歯並びで不正咬合の兆候があるのなら広島県広島市にある当院へ

子供の歯並びの治療を受けるかどうかは、
不正咬合の兆候があるかどうかが大きなポイントになります。
具体的なポイントは多岐に渡っています。
乳切歯がいつまでも抜けずいるか、指しゃぶりや舌を突き出すくせがないか、
裏側から歯が生えていないか、六歳臼歯が正常に生えてきたかなどです。
虫歯の治療はもちろん、歯の定期健診や歯みがきの指導を受けるなどして、
お子様の歯をしっかり守る事を意識しているはずです。
そしてその上で歯の成長発育にも関心を持ち、
正常な成長を邪魔するものは早くに気付く事が重要になります。

何か気になる事があるのなら、広島県広島市にある当院にお越しください。
治療費が大人の治療に比べると安く、時間的な都合もつきやすいはずです。
さらに、正常な顎の成長にもプラスとなります。
様々な点で子供の内に歯の矯正治療を受けるようにすべきです。
不正咬合の兆候があるかどうかをチェックし、
そして気になる点があるのなら、治療を受ける事を前向きに考えた方が良いです。
大人になって歯の矯正治療を受けたいと思っても、
経済的な負担や時間的な都合で断念される方が多数おり、
子供の内に治療を受けるのが一番です。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら