矯正情報

2016年9月 8日 木曜日

どうにかしてあげたい!子供の矯正の事なら広島県広島市にある当院へ

歯列矯正は子供のころから行っておくのが大切です。

子供の歯並びが悪いと、虫歯や歯周病などの疾患の原因になるほか、
顎の発育に悪影響を与えてしまう心配があります。

顎が発育不全になると、滑舌に影響が出てしまったり、
顔の形にまで関わってしまったりする事があるため、
子供の矯正はとても重要度の高い事なのです。

子供の悪い歯並びとしてよくある例は、
受け口、開咬、出っ歯などがあげられますが、
いずれも顎の成長に影響を与えるため、矯正しておきたいです。

子供の歯列矯正は永久歯に生え変わる時期が適切で、
年齢としては6歳~10歳あたりに始めるのがよろしいでしょう。

永久歯に生え変わってから矯正を行ってしまうと、
歯を整えるためのスペースがなく、抜歯を行う可能性が出てきます。

乳歯であれば、矯正器具でスペースを確保しやすいため、
できるだけ子供のうちに矯正は行っておく方が望ましいです。

子供の矯正は基本的に健康保険が適用外なため、
自由診療で行う必要があります。
しかし、顎変形症の場合には、一部の医療期間にて、
保険が適応された上、矯正が可能です

広島県広島市にある当院では、子供の矯正に関するご相談を承ります。
歯並びを早いうちに何とかしてあげたいという方はぜひ、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら