矯正情報

2016年11月18日 金曜日

子供の矯正は大切!広島県広島市にある当院にご相談下さい

矯正は子供の頃から行っておくことが、
永久歯を抜かずに済む可能性が高まります。

永久歯に生え変わってから矯正を行うと、
歯を動かすために必要なスペースを確保するため、
最悪抜歯をしなければならない場合があるのです。

また、子供の矯正は、顎の成長にも大きく関係しているため、
悪い歯並びのまま放置されるのは望ましくありません。

子供の矯正は大きく分けると2段階に分かれており、
1期治療の骨格矯正と2期治療の歯列矯正があります。

治療時期の目安として、骨格矯正は3歳から12歳の間に、
歯列矯正は10歳から成人の間には行っておきたいものです。

もし、1期治療である骨格矯正にて、永久歯の誘導が適切に行える場合、
2期治療を行わなくて済む場合があります。

永久歯に生え変わってからの治療は、乳歯の時に矯正を行うより、
時間がかかってしまいやすいです。

小さな子供の時期に矯正を行っておけば、
見た目を気にし始める思春期の頃には、
歯並びは綺麗に整えられている可能性が高いです。

お子様の歯並びを綺麗にするかどうかは保護者の判断が関わってくるので、
ご心配な方は一度、診察してもらうのが良いでしょう。

広島県広島市にある当院では子供の矯正のご対応を行っています。
綺麗にお子様の歯並びを整えてあげたいという方は一度、
当院にご相談して頂ければと思います。


投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら