矯正情報

2016年12月29日 木曜日

子供の悪い歯並びは、広島県の広島市にある当院で治療を!

昔の子供に比べ、最近の子供は顎が細く、
さらに咀嚼力が低下している傾向にあると言われています。

しっかりと噛まない習慣が続くと、歯並びやかみ合わせが悪化し、
将来の永久歯にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。

歯並びが悪い事によって起こる弊害は様々で、
虫歯や歯周病を起こしやすくなる、
発音がしづらくなる、食べ物をかみづらくなる、
肩こりや頭痛、姿勢の悪さが目立ってくる、
などの問題点が浮上します。

子供の歯並びは乳歯が永久歯へと生え変わる6歳から10歳までに、
矯正を受けておくのが良いと考えられます。

もちろん、永久歯に生え変わってからでも矯正は十分に行えますが、
乳歯の時より期間が長く、さらに歯への圧迫感も強まる可能性があります。

そして、永久歯になった時、歯を移動させる場所がなければ、
抜歯をしなければならないという可能性も少なからずあるのです。

子供は成長していくにつれて、ご自身の見た目を気にするようになります。
もしかすると、歯並びが原因でコミュニケーションが苦手になったり、
性格がうつむいてしまったりする事もあるかもしれません。

そのような事にならないよう、ご両親が普段から十分に観察し、
必要であれば歯列矯正を受けさせてあげるのが良いといえます。

子供の歯並びに関するご相談を、広島県の広島市にある当院では承っています。

少しでも心配がある方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら