矯正情報

2017年4月20日 木曜日

お子様の歯並びが心配な方は、広島県の広島市にある当院へ

ふと、お子様の口元を見たときに歯並びが気になった事はないでしょうか。



歯の隙間が目立ったり、出っ歯になっていたりと、それまで気になっていなかったのに、いつのまにか気づけば悪い歯並びになっていたというケースは稀ではありません。歯並びが悪くなる原因は遺伝と言われる事もありますが、実際には普段の習慣が関係している場合も多いものです。



例えば、口呼吸したり姿勢が悪かったりも原因になりますし、飲み込み癖や舌を動かす癖から歯並びが悪くなる場合もあります。また、指をしゃぶったり、爪を噛んだりするような仕草も、歯並びを悪くする原因になりやすいものです。



今現在歯並びが整っているお子様でも、もしこれらの仕草が見られる場合は、早めに直させる必要があります。そして、歯並びが悪い事に保護者が気づいた場合は、なるべく早めに矯正を始めるべきです。



永久歯に生え変わってからでは、歯を動かすための十分なスペースがなく、場合によっては抜歯をして、場所を確保しなければなりません。歯並びがきれいになるにしても、抜歯をするのは極力避けるべきです。



やはり乳歯の段階から、きれいな歯並びに整えておく事が、将来の美しい口元につながりますし、顎の成長にも良い影響をもたらします。



広島県広島市にある当院では、子供の歯並びに関するご相談を承ります。もし、ご心配な場合には当院にご相談下さい。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら