矯正情報

2017年6月21日 水曜日

子供の受け口や乱杭歯の矯正は広島県広島市の当院で

歯並びの乱れと一口に言ってもその症状は様々です。症状にあわせた矯正を行わなければ改善は見込めません。

子供の歯並び矯正の中でも特に件数が多いのが「受け口」と「乱杭歯」の2つです。

受け口はその名前の通り、まるで落ちてくるものを受け止めるかのように、下の歯が前にでっぱっている状態です。本来なら上の歯が少し前に出ているはずが、逆になっているものです。
受け口はまず見た目がよくありません。さらに前歯でしっかりと噛めなくなり、発音もくぐもって曖昧なものになってしまいます。

改善には、なるべく早めの矯正が鍵となります。乳歯のうちに治療しておけばすんなりと改善しますが、逆に永久歯になってしまうと治療がやや長期化します。
また、乳歯のうちに治療を終わらせるとほぼ再発しないのもメリットの1つです。

乱杭歯は、子供の矯正ではもっとも件数が多い症状で、歯がデコボコと乱れて生えている状態です。これはやわらかい食べ物が増えたことにより、あごの骨が小さくなって歯が正常に生えるための空間が確保できないことが原因です。

乱杭歯の矯正方法は症状の深刻さによって変わります。重度の場合は抜歯も検討しますが、治療期間が長くなるのをいとわないのであれば、非抜歯による治療も可能です。軽度であれば抜歯せずに治療できることがほとんどです。

どの症状にも共通するのが、早いうちに矯正を始めれば、短期間で負担も少なく完了できるということです。子供の歯並びが気になるのなら、すぐにでも広島県広島市の当院へご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら