矯正情報

2017年7月31日 月曜日

治療は信頼関係が大切!信頼ある矯正治療は広島県広島市の当院へ

矯正治療で、短くない矯正期間をつつがなく乗り切るためには、医師と患者さんとの間にしっかりとした信頼関係が必要と当院は考えております。

信頼関係を築く第一歩として、当院では矯正治療の初回にカウンセリングの時間を設けています。1時間ほどのカウンセリングによって患者様のお悩みをしっかりとお聞きし、適切な治療法をご提案いたします。ご質問も受けつけておりますので、気になる点がありましたら遠慮なくお申し付けください。

カウンセリングを済ませたら、レントゲンやデジタルカメラを用いて検査を行います。口の中を撮影するだけでなく、歯型をとりさらにアゴの長さも測定します。また、全身の写真も撮影することで体全体のバランスもチェックします。

次に、カウンセリングによって得られた情報をもとに、治療計画を患者様といっしょに組み立てます。ここで治療費や治療期間について説明し、ご納得いただけた場合のみ治療を開始します。通院スケジュールは、患者様のご都合にあわせて無理のないように設定します。

このように段階を踏むことで、当院ではできるかぎりわかりやすい治療を行っています。もし歯並びについて少しでもお悩みなら、広島県広島市の当院へお気軽にご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年7月26日 水曜日

門外漢の矯正治療は危険です!矯正治療なら広島県広島市の当院へ

近年、矯正を専門としていない一般歯科や小児歯科が、お子様に中途半端な矯正治療を行ってしまうケースが増えてきています。しかし途中で手に負えない状態になってしまい、結局は矯正歯科へと委託することがほとんどです。

そもそも矯正治療はそう簡単なものではなく、当院でも細心の注意を払って治療を行っています。中途半端に手を出せば、むしろ症状を悪化させてしまう可能性が高いのです。

そういった歯科で行われる治療の多くは拡大矯正や床陽性です。拡大矯正はアゴを横に広げることで歯が並ぶためのスペースを確保する治療ですが、広げられる大きさは有限です。結局は満足にスペースを確保できないまま手に負えなくなってしまうのです。

こういった状態になると、矯正歯科にて最初から矯正をやり直すことになります。治療費も治療期間も1からかかりますし、歯や口への負担も大きくなります。また、拡大矯正によって強引に広げられたアゴは元に戻せないこともあるのです。

歯の矯正は、矯正の専門医でさらに大人と子供の両方を担当している歯科にかかるのが確実です。広島県広島市の当院では、年齢を問わず矯正治療を受けつけております。歯並びでお悩みならぜひご相談ください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年7月19日 水曜日

矯正治療費が不安な方は広島県広島市の当院へご相談ください

矯正治療に対して、「いつまで続くのか?」、「いくらかかるのか?」といった疑問をよくいただきます。残念なことですが、矯正治療を行っている歯科のなかには、治療費や治療期間をわざとぼかすことで患者様に不必要な治療費を請求しているところもあるようです。

最初に支払う装置の金額だけを安く設定し、それから定期的に発生する治療費を高く設定するのがそういった歯科の常套手段です。当院では、治療を開始する前に治療費の総額をあらかじめ提示する方針をとっておりますのでご安心ください。

治療期間が長引いたとしても、最初に提示した金額から変わることはありません。また治療費の支払い方法についても、一括払いだけでなく年払いや分割払いなどもご用意しております。引っ越しなどのご都合によって治療が継続できなくなった場合にも、治療の進み具合におうじて返金いたします。

また治療を引き継ぐ矯正歯科も、こちらで紹介いたしますのでご安心ください。矯正治療の費用や期間についてお悩みでしたら、ぜひ一度広島県広島市の当院へとご相談ください。それぞれの症状にあわせた治療費用と期間についてくわしくご説明いたします。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年7月12日 水曜日

さまざまな種類がある悪い歯並びの矯正は広島県広島市の当院へ

歯並びが悪いと言っても、具合的にどう悪いのかは人によってさまざまです。それぞれの症状にあわせて適切な治療を行うことこそ、当院のつとめだと考えています。

悪い歯並びの中でも「開咬」は指しゃぶり癖や、舌で歯を押す癖によって起こる症状です。これは前歯がしっかりと噛み合わず、下の歯との間にすきまができた状態で、言葉の発音がやや曖昧になってしまうのが特徴です。

この症状に対してはプラケットなどの治療機器をもちいた治療を実施します。できるかぎり早期に治療することで、舌で押す癖も改善する効率的な治療が可能となります。

矯正後に歯がもともとの位置に戻ろうとする症状を、「後戻り」と呼びます。この症状に対しては、後戻りをふせぐリテーナーを用いて治療します。当院では独自のリテーナーを使用しており、口への違和感を少なくおさえつつ、後戻りをしっかりと防止できます。

後戻りのしやすさには個人差があるため、矯正やリテーナーの使用に際しては細心の注意を払います。歯並びの悪さにはさまざまな症状があり、それにあった治療を行わなければ効果はありません。広島県広島市の当院では、症状や体質にあわせた最適な矯正治療を提供しています。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年7月 5日 水曜日

歯並びはクセで悪くなる!子供の矯正治療は広島県広島市の当院へ

歯並びを決める大きな要因は先天的な遺伝です。歯並びの大部分は生まれついた時点で決まっているのです。

ただし、遺伝で歯並びがすべて決まるというわけでもありません。生活習慣によって、生まれついた歯並びからよくなることもあれば、悪くなってしまうこともあるのです。特に幼いうちは歯や骨がやわらかく、習慣によって歯並びも大きく影響を受けてしまいます。

赤ちゃんがよく行う指しゃぶりは、指が歯を押すことから出っ歯や受け口の原因となります。また、指しゃぶりグセが抜けない子供にありがちな噛み癖も危険です。噛む時に下あごを突き出すことが多いため、かみ合わせを悪化させます。

頬杖をつくクセがあると、あごの骨が体重で圧迫されてゆがみ、左右のバランスが崩れます。また歯ぎしりは、通常では出せないほどの力が歯にかかるため、つぶれたような歯並びになる可能性があるのです。

もちろん、このようなクセによって悪化してしまった歯並びも、矯正治療を行えばしっかりときれい直せきますし、早ければ早いほど矯正治療はより高い効果を発揮します。子供の矯正治療は、ぜひ広島県広島市で診療中の当院へお越しください。

投稿者 アルパーク歯科・矯正歯科 | 記事URL

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■ 所在地
〒733-8624
広島県広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟8階

お問い合わせ 詳しくはこちら